【室内用ホバークラフト】空気の力でぐんぐん進む!自由研究にもぴったりのカンタン工作!!

※当サイトではアフィリエイト広告を利用しています。
※当サイトではアフィリエイト広告を利用しています。
工作

ホバークラフトとは、空気の力を利用して動く乗り物です。

船体の下部から高圧で空気を噴出させ、エアクッションを作ることで船体を浮上させ、高速で移動できるという仕組みになっています。

本物のホバークラフトは、平坦な道であれば、地上、水上、雪原の区別なく進めるそうです。

その仕組みを参考にした、簡単に作ってたくさん遊べる手作りおもちゃをご紹介します。

とても単純な仕組みなので、本物のようにどこでも進めるわけではなく、廊下やフローリング専用のおもちゃになっています。

でも、うまくいくと10mほど進むこともあり、大人も挑戦したくなる楽しい工作です。

雨の日のおうちあそびにもオススメです!

3~4歳児さんの保育参加で遊んだこともありますが、夢中になって遊んでくれました。

年齢に合わせて準備をしておけば、自分たちで作り進めることができますし、シールやマジックで飾りつけをすることで、より遊びが盛り上がりました。

さらに、空気の力を利用するという科学的な仕組みがあり、大きさや形などを色々試して実験することができるので、小学生の自由研究にもぴったりです。

身近にあるもので作れるのも嬉しいですね(*^_^*)

↓↓おすすめ工作↓↓

【100均】簡単手作り!丈夫で楽しい”無限キューブ”

【色合わせパズル】手作りのパズルで、楽しく脳トレ♪

用意するもの

 

・ポリ袋:1枚

・段ボール(ポリ袋と同じくらいの大きさ):1枚

・セロハンテープ

・両面テープ

・油性マジック

・はさみ

※段ボールに飾りつけをする場合、マジックやシールなどをご準備ください。

つくりかた

①段ボールをポリ袋と同じくらいの大きさに切ります。多少サイズが違っても問題ありません。

②ポリ袋が開きやすいよう、一度空気を入れておきます。

③ポリ袋の口を三つ折りにして、セロハンテープでとめます。このとき、中に空気が入っていても大丈夫です。

④ポリ袋の中心に油性ペンで円形(楕円形でも可)をかき、線にそって上の1枚だけ切り取ります。

⑤ポリ袋の穴が開いていない面に、両面テープを貼ります。

⑥⑤のポリ袋を、段ボールの裏面に貼りつけて完成です。

⑦段ボールの表面に絵を描いたり、シールを貼ったりして、自由に飾りつけをします。

あそびかた

①ポリ袋の面を下にして、パタパタと優しく床をたたくように上下させます。円形に切った穴から袋に空気が入って、自然に膨らみます。

②机や廊下など、なめらかなところで、後方を軽く押すと進みます。

アレンジ

・段ボールだけでなく、発泡スチロール板でも作ることができます。

・段ボールの面に絵を描くと、さらに個性が出て楽しくなります。

・広い床や長い廊下があると、競争して楽しめます。

・大きさや形、重さを変えると、進み方がどう変わるか試してみるのも面白いですね。

コメント